2011年01月29日

サヨナラ


*サヨナラ 作詞:39スレ154 作曲:Noiz



冷たい空気 暖かいシーツ
君の抜け殻 昨日の言葉が

突き刺さる

冷たい君の 指先に触れた
君の唇 柔らかく包む

君の事

一途なんて忘れたはず
これ以上乱さないで

サヨナラシヨウ

いつもと同じだった 求めるだけにしていた
けれどいつからか 与えた君に心を
いつもは違った 求めるだけにしていた
今夜最後に 思い出作ろう

サヨナラシヨウ




☆(ゝω・)v
posted by にゅる at 00:43| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

枯れ逝く花



*枯れ逝く花 作詞:629スレ304 作曲:('A`)モヲトコ



頼りないと思っていたあなたのこと
口癖のようにつぶやいてみた
私の心はあなたの物よと
言っても苦笑いばかりだったね

雨粒はゆっくりと空を流れて 私の心を揺り起こしてゆく
そっとそっと時をかけて つまづいても立てると信じていた

別れの跡に咲いた 枯れ逝く花
私はひとり水を撒いてた
寒さはとても嫌い 枯れ逝く花
私はひとり空を見上げた

どうしたもひとりじゃいやよと
泣きじゃくる子供は嫌いで
私もそれとかわりはしないと
わかっても苦笑いばかりだったね

別れの跡に咲いた 枯れ逝く花
私はひとり水を撒いてた
寒さはとても嫌い 枯れ逝く花
私はひとり空を見上げた

誰かの後をたどり 彼逝くのね
私はひとり手を合わせた
ひとりはとても嫌い 枯れ逝く花
私もひとり空に溶けるね



☆(ゝω・)v
posted by にゅる at 21:27| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

嘔吐

*嘔吐 作詞:まらいあ 作曲:Norton


繰り返される禅問答
禅が何だかよく知らない
繰り返される自己嫌悪
自己が何だかよく知らない

吐きたい
腹の中の物全部吐き出し
ついでに心の中の要らないものまで
全部吐き出したい

繰り返されるリグレット
何が何だかわからない
繰り返されるアップダウン
何を信じていいかわからない

浴びたい
頭の上から水を浴びて
ついでに心の中の要らないものまで
全部流しきりたい

自己陶酔と自己嫌悪
自己紹介の自作自演
自暴自棄すら自業自得
自分本位な自画自賛

吐きたい
腹の中の物全部吐き出し
ついでに心の中の要らないものまで
全部吐き出したい


続きを読む
posted by にゅる at 23:53| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノゾミ

*ノゾミ 作詞:カリバネム 作曲:629スレ37


浅瀬で君が手招きしてる 不思議に思ってたこと
もう僕に届かなくなる
このまま時が続く幻 魔法よりも強くて
ああ 光り続ける炎

宇宙のかけらが僕らを見つめてる
答えに気づいたよ

八月の青い世界が 僕のために君のために
終わらずに光り続ける 目を閉じれば夏はめぐる
真面目に 祈っていたよ

宝物みたいな陽の光 誰にも奪われずに
またこの不気味に出逢うように
例え全てが泡になっても 魔法よりも強くて
ああ 打ち砕けない笑顔

時々 本当のこと打ち明けたいな
そんな夢を描く

八月の青い世界が ここにいない君のために
少しだけ疲れた顔で いつまででも冷たい目を
なくさないでって望み

八月の青い世界が 僕のために君のために
終わらずに光り続ける 目を閉じれば夏はめぐる
真面目に 祈っていたよ
愚かに 祈っていたよ


続きを読む
posted by にゅる at 23:44| 福島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精液

*精液 作詞:721スレ278 作曲:空白


 あなた 言った 枯れた 声で
 あなた 言った 無垢な 顔で

 白い それの 意味を 知りたいの?
 白い あれが なにか 知りたいの

       そうなんだ

  あなた だけが アイを 知らず
  あなた だけが 汚れ 知らず

  赤い そらを 見たら いいだろう
  黒い 海の におい なんだろう


        太陽 ほしい
   あなたの前で ほしい 嗚呼 その内分かるさ

       海原 あおい
 さびつかないで あおい 嗚呼 綺麗な花束
 抱えて 抱えて


あなた いつも なみだ 混じり
ぼくは いつも 子供 だまし


続きを読む
posted by にゅる at 23:37| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

にゅるさんのまとめ

 歌ったものを最新版からまとめあげました。
 再録したものは基本的に最新ver.のみ置いてあります。
 「おや? あの曲がないよ?」という意見がありましたら、心の中に留めておくか、察してください。腑に落ちないのであればコメントください。たぶんまとめ忘れているだけです。

 正直、呉板さんの全曲集とかパクリました。
 すごく大変でした。





 ☆(ゝω・)キャピ
posted by にゅる at 00:00| 福島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

冬の足跡


*冬の足跡 作詞:22スレ61 作曲:22スレ212


君が差し出してくれた手を
もう二度と離さないと誓った日
そこから物語がはじまる

雪振る中 マフラーを巻きなおしてくれて
そっと微笑んだその口にKissを贈りましょう
あの道を今日も何も無く
歩いてゆく一人で

kiss you
舞い上がれ 風と友に
Kiss me
忘れないでね 思い出を

雨振る中 傘から肩がでると抱き寄せて
まっかにはにかむその頬にKissを贈りましょう
その傘が今日も何も無く
玄関にたたずむ

kiss you
舞い上がれ 風と友に
Kiss me
忘れないでね 思い出を


ざれごと
posted by にゅる at 14:26| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケットの夏

*ロケットの夏 作詞: 作曲:OMP コーラス:遠山ちえる 元歌:emanon


百万年ピクニック遠く 激しくて優しい雨が降っている
百万年ピクニック遥か 巡りくる季節はいつか

雲ひとつないオレンジ色の空
深呼吸してキラキラ光る朝
陽炎が立ち遠くに見える山
白紙の地図にドキドキしてる海

ダスト・ストームの波 声は届かなくても
この星の何処かの君に伝わるといいな

百万年ピクニック遠く 激しくて優しい雨が降っている
百万年ピクニック遥か 巡りくる季節はいつか

赤い大地を覆い尽くすよ風
ビロードの闇キラキラ光る夜
彗星流れ今も明るい月
銀色の帯ドキドキしてる船

ダスト・ストームの波 歌は届かなくても
この星の何処かの君に伝わるといいな

百万年ピクニック遠く 激しくて優しい雨が降っている
百万年ピクニック遥か 巡りくる季節はいつか

(百万年ピクニックlalalala)時を越え出会う日がきっとまた来る
百万年ピクニックlalalala 歌が流れる

百万年ピクニック遠く 激しくて優しい雨が降っている
百万年ピクニック遥か 巡りくる季節はいつか

ざれごと
posted by にゅる at 14:21| 福島 ☀| Comment(23) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傷のような雨のような


*傷のような雨のような 作詞:420スレ429 作曲:コロ助


なんか雨が降ってた
誰かに心削られる度
なんか泣いてるみたいだ
なんか鳴いてるみたいだった

明日朝起きて空晴れてたら
背伸びして全て忘れられたら
おはようっていえたら
ごめんねっていえたら

いえたらいいのに
いえたらいいのにな

ざれごと
posted by にゅる at 13:50| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターダスト

・ハロヲタ用語で「サイリウムすっぽ抜けて落とす」事。

*スターダスト 作詞:つまだ 作曲:356スレ79


ここから見える星の明かりはきっと
百年後には海に零れちゃう
それだから僕らが何時まで僕らか
そんな話はしたくないんだ

お互いに離れてゆく
過去未来知らない人に
だけどね僕は必ず
現在(いまの僕で在り続けるから

信じていてよ
言葉にしないで
また百年後と言わずに
今の僕らで 永久を繋ぎたい
確かめ合って
零れあう二人は
もう百年前の僕らで
終わりにしてしまおう

ざれごと
posted by にゅる at 11:59| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No pains,No gains


*No pains,No gains 作詞:97スレ25 作曲:コロ助


No pains, No gains
言ってくれるねえ
No pains, No gains
もっともだよホントに

だがな 俺は
Many pains, No gains
ハハ分かってるさ
俺は環境という名の
悪魔に流されてるんだ

この俺に非があるように言うカス共
お前等は自分しか見えてない

一回なあ
そこらの石ころを観察してみな
したいことばっかしてんじゃねえ




ざれごと
posted by にゅる at 11:46| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

7773668

*7773668 作詞:カリバネム 作曲:餡の雲


エゴのレールで真っ直ぐに 無理に立たせた希望だよ
覚めた目つきで俺を見る 耳を塞いだそのポーズ
君の中から声がする
それに気付いた夜明けまえ

すべて巻き戻した世界 二度と消えない星の粒
他の誰かを忘れても 君の名前を呼ぶ
仕方なく生まれた未来 何故か泣き出す可愛さは
闇の果てまで響くように 君の名前を呼ぶ

赤い小麦の女の子 火傷は冷えてエムになる
儚い場所へ行きたいな
誰も知れない青の果て

どこか不気味なその世界 LOVEのしるしを探すのだ
夢がヤブれるその前に 君の名前を呼ぶ
ときめきが跳ね飛ぶ時代 二人が足を止めたから
神様よりも輝いた 君の名前を呼ぶ
君の名前を 君の名前を 呼ぶ

すべて巻き戻した世界 二度と消えない星の粒
他の誰かを忘れても 君の名前を呼ぶ
仕方なく生まれた未来 何故か泣き出す可愛さは
闇の果てまで響くように 君の名前を呼ぶ

今もこの胸の中にある 何故か感じる幸せは
神様よりも輝いた 君の名前を呼ぶ


ざれごと
posted by にゅる at 18:29| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東路にありといふなる逃げ水の逃げ隠れても世を過すかな

にげ‐みず【逃げ水】 ‥ミヅ
蜃気楼(しんきろう)の一種。
(ア)草原などで遠くに水があるように見え、近づくと逃げてしまう幻の水。古く武蔵野の名物と伝えられた。[季]春。夫木和歌抄(26)「東路にありといふなる―の逃げ隠れても世を過すかな」
(イ)強い日差しで、舗装道路の前方に水たまりがあるようで、近づくとまた遠のいて見える現象。

*逃げ水 作詞:無楽 作曲:400スレ592


灼熱の上に乾きもしない
決して枯れない華と水
たどり着こうと歩を進めれば
遠のく背中 降る蝉しぐれ
それはあなたの逃げる足音

遠くあり近きを歌い気を引いて 歩み寄らせて袖振るあなた
会う由(よし)もなく水を湛える それが心というのでしょう

揺らぎ燃えゆく焔に似ても
影も落とさず咲く陽炎
それに囲まれ水面を揺らす
黄泉の泉の湧き出る音は
華が咲く音 華が散る音 

遠くあり近きを歌い気を引いて 歩み寄らせて袖振るあなた
会う由(よし)もなく水を湛える それが心というのでしょう

一歩進めばあなたも進む 顔を伏せたるときだけ浮かぶ
黄泉の境の川より遠い 水と同じはあなたの心


ざれごと
posted by にゅる at 18:24| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

まとめ



ぜんぶまとめたら割と重くなりました。
分けるかはどうかは苦情が来次第考えます。
http://sotai003.seesaa.net/archives/200501-1.html

☆(ゝω・)キャピ

posted by にゅる at 15:38| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日早めの


*8月 作詞:にゅr 作曲:oov


手の中にある林檎飴 あやすようにくるり、回す
君は無邪気に笑って見せた 浴衣の花が仄かに揺れる

線香花火が散る頃に 君はやっと眠れるんだね
忘れじのあの夏の日は こんな月の綺麗すぎた夜に

重なる手と小さな手 一つは冷たくもう一つは温かく
指切りを交わした時に 聞こえなくなった 「さよなら」

儚げに散る線香花火 僕を写したその姿
窓際の風鈴と風車 あの日からこの窓辺には
風が吹かないから


ざれごと
posted by にゅる at 11:37| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けりな


*けりな 作詞作曲:無楽 編曲:餡の雲


移りに 移りに 移りにけりな
眺めせしまの 華の色

古の詠に今を重ねて
無意味と泣いた秋の夜
けれど一つ今昔に
人を恋をと諭すもの

身を飾るのは すべからく
事のはじめであることを

移りに 移りに 移りにけりな
眺めせしまの 華の色
袖にと 帯にと 咲いて誇れば
春よ来いとは 泣かずかな

縁を描くは 四季のさだめで
無限と泣いた その心
またと巡る春の世に
舞える桜が告げるもの

身を飾るのは すべからく
事の終わりであることを

移りに 移りに 移りにけりな 
眺めせしまの 華の色
袖にと 帯にと 咲いて誇れば
春よ来いとは 泣かずかな


ざれごと
posted by にゅる at 10:50| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じん子ふたたび


じん子 作詞作曲:onco





ざれごと
posted by にゅる at 10:21| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めたもるめたもる

*Metamorphose 作詞:にゅr 作曲:OMP(曲先)





抉れた微笑みを宿した瞳に擦り込まれたのは儚い衝動
それが持つ意味を演じ始めれば誰彼を濁らせる闇

舞踏(オド)る蜃気楼(マボロシ)を見詰め騒ぐ鼓動 変貌せよ魔を伐つために
宿命に曝された空虚(シロ)き静動 煩雑する解放の前奏曲【プレリュード】

裁きを紡ぐ臙脂の右手に産まれくる意志亡き殺戮者よ
月夜に疼く破戒せし邪気眼(エビル) 焼け付く世界を堕とせと哭いている

陰揺らぐ暁その眼に映写せば激痛(イタ)みなどと咆哮ぶまでもない罅(ヒビ)
螺旋型を刻む込む自鳴琴 此処に不釣り合う悲しげな跫音(オト)
月下に感染め上げた原因(リユウ)亡き虚偽(ウソ)を汚染(ヨゴ)れたこの身が静寂かに纏う
翳りゆく屍海都市 今は戯けた微笑みを祈りに変えて

“変貌せよ”

輪廻の境界に閃光(ヒカリ)を消失(ウシナ)った世界で何を巣喰えばいいのか
寄生した人格幻影(カゲ)を落とし爪弾いた終局への鎮魂歌【レクイエム】

事実(コタエ)を人は幾度となく探した手に余る真実を拒絶した
着飾られた虚勢を記す神話(テーゼ) そこにあるのが逃げ場所と信じながら

「そして十三の鐘が鳴り終える朝に全ては終幕へと歩き出し、物語の序章は紡ぎ始まる。
それが世界の選択であるのか、愚かな人が導いた結果なのかはもう分かり得ない。
僕が何のために血を流し血を流させたのか、それさえ納得のいく解答は得られない。
その機会を、もう永遠に亡くしてしまったのだから。
(And I begin to walk, and, in the morning when 13 bells finish sounding,
the beginning of the story begins to be spun entirely to the last scene.
I cannot already understand it whether it is world choice whether it is the result that a stupid person led.
I go astray, and the convincible answer is not provided what I let I am bleeding and be bleeding for.
Because, at the opportunity, it has been already lost eternally.)」

儚く舞い踊る世界の終焉雁字搦めに壊れ果てた空(zilch)
途方とは何処か辿る旋律に悩んだ足の亡い少女が踊る
有限を演奏でる片眼のオルフェが最期りと死別れに手向けるアカ
焦げていくこの身にも宿る光が在ったと言えるのならば
俯瞰に身を置いた壊れ果てた希望(ユメ)仄暗い朝焼けに嘘を撒いて
犠牲を零したこの線と空に 生という終着を意図に憶え
残響(オト)のない屍海に慟哭(コエ)も喪失って最期の祈りを僕のために
傀儡如き意志が神の名を宿し騙る演目も終焉る


ざれごと
posted by にゅる at 10:02| 福島 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

スクラム第2列中央の二人のプレーヤー

ロック【lock】
(1)錠をおろすこと。鍵をかけること。錠。
(2)ラグビーで、スクラム第2列中央の二人のプレーヤー。LO


*S-LOCK Songs written by:たこ☆わさ
Produced by Aven Ture
Recorded & Mixed by yasu at Puroom Studio


周りが言ってくる
なにひとつわからないまま
努力不安才能を蹴り飛ばして
走り出した

無機質な声も
つまらない嘘も
投げ捨ててきた理想とプライド

速く誰よりも駆け抜ける
君は生き方を叫び続けて
速く君に追いつきたい
奇麗な音で思いを伝える 必ず

イヤなことばかりで
聞き流した君の言葉は
今も変わらないまま残ってる
魔法みたいな

こだまする思い
過ぎていく景色
拾い集めた夢と現実

いつか描いた君の隣で
もっともっと聞いていたい
いつも通りに走れないけど
奇麗な音で思いを伝える 必ず

変わらない声をあげて
すり抜けてく音が
君に聞こえたら・・・

赤がこの街を包み込んで
揺れる、燃える、消え去っていく

速く誰よりも駆け抜ける
君は生き方を叫び続けて
速く君に追いつきたい
奇麗な音で思いを伝える 必ず

変わらない声をあげて
すり抜けてく音が・・・

ざれごと
posted by にゅる at 18:45| 福島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*すだれ 作詞:無楽 作曲:うずまき


夏の花火を風と運び
見せて隠して夜の中
遠い空咲く牡丹の色に
胸に心に華の咲く音
 
隠しきれない明るさを 散れる間際の慟哭を
窓に一枚すかし見る もっと切なくなるとても

風の香りさえ通すとて
景色ぼやけるすだれごし
泣いた後見る風景に似て
涙流れる頬の涼しさ

見えない故に香りたち 音の深きを心にしまう
顔を覆って泣いた日が 鮮やかな理由悟ります

忘れたくない日々が来て 次に涙を落すとき
顔をこの手で隠します 庭に部屋にと漂う香り
音は二度とは来ないから

ざれごと
posted by にゅる at 18:28| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。