2009年04月30日

P4の稀少手シリーズは倒す価値ない

*大きな手で
作詞/遠山ちえる 作曲/486スレ31 アレンジ/餡の雲


節張った指に 固い甲
ささくれ立つ あなたの手
手を合わせると 関節ひとつ
あたしを包む 大きな手

手と手絡めて 冷たくなった手を
何度も何度もさすった

その大きな手で 撫でて これから ずっと
瞬間 融けてしまいそう
その大きな手で 触れて 包んで もっと
どんどん 熱くなっていく

たとえ ふたり 離れてても
優しい手を思い出せる


P3の稀少手はよかったのに
posted by にゅる at 20:36| 福島 | Comment(3) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めんごめんごwwwwwwwwwwww

*ごめん、ごめん?
作詞/つまだ 作曲/IGS


もう終わりっていったいなんでよ
ふざけないでよワケを話してよ
新しい女でも作ったの
なんで俯いてるの

ホントにその女が好きなの
私じゃだめなの
あなたから好きと言ってきたのに
それって最っ低じゃないの
ごめんはもうたくさん
聞き飽きたわ

お願いだから
も一度好きと言って
ごめんじゃなくて
好きと言って

お願いだから
も一度好きと言って
じゃなきゃ私
死んじゃうからね

めんごって
posted by にゅる at 20:29| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーはビードロの略

*ビー玉ドロップ
作詞/36スレ31 作曲/nirareva(36スレ118)


雨が降ると思い出すのは湿った畳みとビー玉ドロップ
夏のお休みと皺しわの手にほんの僅かなかび臭さ
飴を噛むと思い返すのは曇った鏡とビー玉ドロップ
春のお休みと皺しわの目にほんの僅かな懐かしさ

雨宿りが出来なくなった 学校帰りに寄れなくなった
暖かい手が冷えてったのはもうずっとずっと前
秋探しも出来なくなった 学校帰りに寄れなくなった
暖かい手が冷えてったのはもうずっとずっと前

唱えてくれた魔法の言葉が聞こえない 聞こえない
残ってるのは転がる甘さだけ 透明なままのビー玉ドロップ 
頬に落ちる 透明な雫

愛を知ると思い出すのは困った微笑とビー玉ドロップ
冬のお休みと皺しわの絵にほんの僅かな僕らしさ

暖かい手が冷えてったのはもうずっとずっと前

貴方注いだ愛の言霊 僕も愛した人に注ぎ込んでた
ただわからないまま 泣きたくなった 暮れた日の意味をようやく知った
ビー玉の中には貴方がいた いた いたんだ やっと見つけた

唱えてくれた魔法の言葉を僕が言う 言い続ける
わかってるのは転がる甘さだけ 昔のままのビー玉ドロップ 
頬に落ちる 透明な雫

暮れた日の意味をようやく知った
ビー玉の中には貴方がいた いた いたんだ やっと見つけた

ビー玉と言えば
posted by にゅる at 20:25| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナル拡張がなんちゃら

*義理の父にアナル拡張された女の子が、運命的男の子と出会う。そしてその子のために、アナル回復手術するために頑張る唄
作詞/321スレ269-270 作曲/つる


憎しみは愛 そして出会いのための華

現実を見つめたら暴走 はやまる行為以前の妄想
優しさと笑顔に隠れた鬼は 容易く彼女を引き裂いた
空けられた穴 心の奥までぽっかりと
夢でも見てるみたいだったよ

塞がれた出口 私の身体は限界で
そんなとき貴方に出会った

憎しみは愛 そして出会いのための華 いつか
叶う日が来ると待っているの
冗談のような話であっても それは
紛れも無い真実だから 私は笑えるの

再び訪れた幸福 絶えることの無い笑顔
ただひとつ残る憂鬱 いまだ果たさぬComing out
恥ずかしさと後ろめたさだらけで
たぶん私の顔は真っ赤っか

話を聞いた 彼は優しく笑った
大丈夫 二人で乗り越えていこう

憎しみは愛 そして生き抜くための光 いつか
笑える日は訪れるもの
冗談のように話せる日が来るのか
いまはまだ 分からないけど

Lu-lala Lu-lala 乗り越えていこう
Lu-lala Lu-lala 一緒に笑おう


アナルが
posted by にゅる at 20:13| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

這ピストル野郎め、又うせやがつたな

ピストル 作詞/カリバネム 作曲/Gno4166


明かされるための嘘で 埋め尽くされた日々を
コーヒーの呪文をいつも ぶら下げて 目を閉じて
今はまだ 何も知らない

痛みもけがれも嫌う 当たり前の愚かさ
息の根を止めるために 始まった長い旅
ため息を 翼に変えて

だから遠くまで僕は逃げて行く
青い片目の君を包み込む為に
いつか暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく

真実が見えちゃったよ 張りぼての悟りから
シャボン玉が割れるまで 短くて儚いね
あやまちは 何故暖かい

あれは夏の日に走り出した影
奪い合いに疲れただけのがしゃどくろ
そして暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく

今はまだ 何も知らない

だから遠くまで僕は逃げて行く
青い片目の君を包み込む為に
いつか暗闇を抜けたその先で
宇宙の形の愛に気づく


posted by にゅる at 20:33| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誠太郎、チョコレートを飲むかい

チョコレート 作詞/277スレ193 作曲/避難所規制スレ43 編曲/餡の雲


この時期になると食べたくなる物
それはチョコレート
買ったら負け 買ったら負け

この時期になると食べられない物
それはチョコレート
買ったら負け 買ったら負けだ

バレンタインデー例えるなら
ヒゲがきれいに剃れたと思ったら変な所を剃り残してた
そんなやるせない日だよ

ああ食べたい 食べたいさ でも食えない
自分で買わないと食えない そもそも
時期的に無理だよ だけど
隣町のコンビニなら買える気がするんだ

ああ食べたい 食べたいさ でも食えない
自分で買わないと食えない そもそも
時期的に無理だよ だけど
隣町のコンビニなら買える気がするんだ

そして隣町のコンビニでガムを買った
僕のプライドがそうさせた

zoku
posted by にゅる at 20:22| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告白と言えば今日から俺はの最終巻のリーゼント

告白前夜、卒業前夜 作詞/つまだ 作曲/IGS



いつもより早く教室の戸を
開ければ窓際の席
必ず僕より先にいるから
安心して またすぐに 緊張した

君は長めの髪をなびかせて
甘い匂い漂わせ
いつも僕に手に汗握らせて
犯罪者の 予備軍に させたね

それも明日で 開放される
悲しむ僕は 変態ですか
それに加えて 臆病者だ
この日まで ずっと逃げてきた弱い男

この恋よ 儚い恋よ
君へ唄えど 花と散るなら
それでもいいさ 仕方ないのさ
でも決めつけるのは まだ 早いだろう

この恋よ 儚い恋よ
ひとまわりまた 僕を大きく
させてくれると 願って寝るよ
告白と卒業の前夜

ぞく
posted by にゅる at 19:59| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うとた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。